建築士の仕事と資格の情報サイト。建築士の資格と仕事内容をわかりやすく紹介しています。

一級建築士試験

        建築士をこれから目指す人へ

        建築士の仕事の内容がわかる!

        建築士に必要な資格内容がわかる!
建築士になるには

建築士になるための情報満載!資格も仕事も手に入れる!

一級建築士 試験

  スポンサードリンク
 
 TOP >> 一級建築士の試験
Contents menu
一級建築士の試験
一級建築士の学科の試験は5科目になりました。


平成21年から、一級建築士の試験構成は科目区分、問題数、試験時間、
選択肢の数などが変更されました。


また、平成20年までは4科目だった試験科目は、学科Tが「計画」
「環境・設備」の2つに分かれ、5科目になりました。


各科目の設問数も総計が100問から125問に増えています。


それに伴い科目ごとの試験時間も変わり、1時間延長の計6時間30分
なっています。
試験区分 試験範囲 問題数 所要時間
 学科T(計画)  建築計画、建築積算等  20問  2時間
 学科U(環境・設備)  環境工事、建築設備等  20問
 学科V(法規)  建築法規等  30問  1時間45分
 学科W(構造)  構造力学、建築一般構造、
 建築材料等
 30問  2時間45分
 学科X(施工)  建築施工等  25問

 ※試験方式はマークシート方式で変更はありませんが、平成20年までの
 5肢択一から4肢択一になりました。
スポンサードリンク

一級建築士 設計製図の試験

建築士試験では、「設計製図の試験」の課題が事前に公表されますが、
設計条件等の詳細は、当日までわかりません


また、平成21年からの試験では、設計する知識や技能だけではなく、
構造設計および設備設計の基本的な能力についても、記述、図面表現等で
問われることになっています。


試験時間は6時間30分となりましたが、短期間で計画から一通りの図面を
仕上げる作業を行うため、通常の設計業務に就いていても難しい試験です。
建築士の仕事情報

  建築士とは

  建築士の仕事

  建築士の業務

  建築士に向く人

  建築士年収と給料

  建築士の活躍の場は

  建築士で独立開業方法

  建築士にふさわしい適性

  建築士の求人情報

建築士の資格情報

  建築士の資格について

  建築士受験資格(詳細)

  建築士の合格率

  一級建築士の受験資格

  一級建築士の試験

  二級・木造建築士の受験資格

  二級・木造建築士の試験

  二級建築士の学科は独学で

  建築士の優遇措置

  構造設計・設備設計一級建築士

Information

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 建築士になるには All Rights Reserved