建築士の仕事と資格の情報サイト。建築士の資格と仕事内容をわかりやすく紹介しています。

構造設計一級建築士 設備設計一級建築士

        建築士をこれから目指す人へ

        建築士の仕事の内容がわかる!

        建築士に必要な資格内容がわかる!
建築士になるには

建築士になるための情報満載!資格も仕事も手に入れる!

構造設計一級建築士 設備設計一級建築士

  スポンサードリンク
 
 TOP >> 構造設計・設備設計一級建築士になるには
Contents menu
構造設計・設備設計一級建築士になるには
記憶に新しいと思いますが、平成17年、建築物の構造計算書偽装問題が
相次いで発覚し、大きな社会問題になりました。


耐震偽装問題は、従来の建築に関するシステムを見直す契機となったとも
今ではいえるでしょう。


そこで、

より専門性の高い2つの建築士資格が誕生しました。


建築確認手続きを厳格化する措置や、建築士の資質、能力向上を目的として、
建築基準法と建築士法がそれぞれ改正されました。


この新しい改正建築士法により、新たに創設されたのが、構造設計一級建築士
設備設計一級建築士です。


これと同時に、高度な専門能力を必要とする一定の建築物の構造設計・
設備設計について構造設計一級建築士・設備設計一級建築士の関与が
法的に義務付けられた。(平成21年5月27日施工)


つまり、これはある一定の規模以上の大きな建物については、構造設計・
設備設計一級建築士が自ら設計するか、構造設計・設備設計が法律で
定められた基準を満たしているかどうかの法適合のチェックを行わなければ
ならないという規定です。


その対象となる建築物は、構造設計一級建築士・設備設計一級建築士が
関与していない場合、建築確認申請書が受理されません。


では、構造設計・設備設計一級建築士になるには?


これらの建築士になるためには、一級建築士として5年以上、構造設計・
設備設計に従事した後、構造設計一級建築士の場合は3日間、
設備設計一級建築士の場合は4日間の講習を受け、その最終日に
実施される修了考査に合格しなければなりません。


このほか、構造設計・設備設計一級建築士は、一級建築士の定期講習とは
別に、構造設計一級建築士定期講習・設備設計一級建築士定期講習を
3年ごとに受ける必要があります。

スポンサードリンク

建築士の仕事情報

  建築士とは

  建築士の仕事

  建築士の業務

  建築士に向く人

  建築士年収と給料

  建築士の活躍の場は

  建築士で独立開業方法

  建築士にふさわしい適性

  建築士の求人情報

建築士の資格情報

  建築士の資格について

  建築士受験資格(詳細)

  建築士の合格率

  一級建築士の受験資格

  一級建築士の試験

  二級・木造建築士の受験資格

  二級・木造建築士の試験

  二級建築士の学科は独学で

  建築士の優遇措置

  構造設計・設備設計一級建築士

Information

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 建築士になるには All Rights Reserved